新築をする際に注意しておきたいことは

新築を立てようと計画している人もいると思います。
新築を建てる際にはいくつかの注意点もあります。
まずは、金銭感覚です。
家を建てた場合は家賃と同じようにして、家のローンを支払っていけば良いと思っている人もいるかもしれませんが、新築で家を建てると固定資産税や外壁塗装などの費用もかかってきてローンの返済に合わせて2、3万円の費用がかかってくると考えておいてください。
また、新築で注文住宅の場合は家の建築費用と施工費用がかかります。
大体2割ほどです。
3000万円の費用が新築でかかる場合は、2割として600万円の諸費用がかかってきます。
つまり全部で3600万円の費用がかかります。
そのため、費用を計算しておいたのに施工費用やローン以外の費用がかかってくることを計算しておかないと、お金の支払いに苦労することになります。
新築で一戸建て住宅を建てる際は、しっかり支払うべき費用の計算をしておいて金線的に問題が無いことを確認してください。