手すりをいつ、どのようにつけるか?

バリアフリーの家を目指していたので、家のなかには段差をなくし、エレベータを設置し、廊下や階段には手すりをつける、トイレやお風呂にも手すりを付ける、ということを考えていました。
トイレやお風呂の手すりは、システムと一体型になっている物を活用したり、新たに棒をつけておいたりして、工夫をし、エレベータに関しては、予算の関係もあって、とりあえず、場所と電源だけ確保した状態にしました。
問題となったのは、廊下と階段の手すりでした。もちろん、手すりをつける、ということは計画のなかにあったわけですが、本来的にいえば、左右両方に取り付けないと意味がないのですけど、そうなると廊下がかなり狭くなります。かといって、かなり廊下を広くとると、居住スペースが狭くなったり、階段の設置位置に支障をきたす、ということもあります。
結局思案した結果、廊下に関しては、今はつけない、という選択肢になりました。障害を負った人が出たときに、もしくは、高齢の母と同居を始めたときに、どこにつければ一番よいかを考えた上で設置をすることにしました。
階段については、年齢がいっていなくても、転落などの危険性があるので、とりあえずは、一方につけておくことにしました。ただし、家具の搬入を終えたあとに、ということで。なぜなら、家具の搬入に手すりが邪魔をきたすことが考えられたからです。